MENU

知ってる?オーガニックとボタニカルの違い -禿き隊-

 

 

最近シャンプーの中でも注目を集める”ボタニカルシャンプー”や”オーガニックシャンプー”ですが、どちらも良さそうなイメージですがどういった違いがあるのでしょうか?

 

徹底的に調べてみました。

【目次】

ボタニカルとは?

”ボタニカル”は「植物」「植物由来」という意味になります。

 

自然派志向が強くなる中での人気爆発っていう感じでしょうか。「植物」という意味があるのでもちろんシャンプーの成分にも植物性のものが含まれていて、植物・自然の力で髪に優しくという感じですね。

 

実際に髪の毛や頭皮にとって優しいものなのかが問題になるわけですが、美髪効果や頭皮の環境には良い効果があります。

オーガニックとは?

オーガニックは「有機栽培」という意味です。

 

科学肥料・農薬を使用せず栽培しているものになり、基準は少し厳しいものになります。そういった有機栽培のものを成分として使用しているものが”オーガニックシャンプー”になるわけですね。

 

安全性が評価されている事や、頭皮や髪の毛にはとても優しいものであることから肌の弱い方にも安心して使えるものという感じです。

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーの違いまとめ

”ボタニカルシャンプー”も”オーガニックシャンプー”も頭皮や髪の毛に優しい成分で出来ているという点では同じですね。

 

ではどういった面で違いが出るのでしょうか?

 

ボタニカルシャンプーは植物由来の成分が含まれていて、オーガニックシャンプーは有機栽培された植物由来の成分が含まれているという事。

 

それくらいの差しかありません。どちらの方がより優れているのかも微妙なもので、どちらも頭皮や髪の毛には良いものです。

 

どちらのシャンプーを選ぶのかは個人の好みという感じになってしまいます。植物由来の成分でも有機栽培の成分でも、自分の求める効果のあるものがしっかり含まれているのかになってきますよね。

 

 

 

ボタニカルシャンプーでもオーガニックシャンプーでも重要なのは成分量や、界面活性剤の種類になってくるんじゃないかなと言う感じですね。界面活性剤には刺激の強いものや弱いもの、洗浄力の強いものや弱いものなど色々あります。

 

せっかくのボタニカル・オーガニックという優しさ重視のシャンプーでも界面活性剤が刺激の強いものだったり、他に髪の毛に良くないものが含まれていると台無しになってしまいます。自然の力で髪の毛や頭皮の環境を浴したいと思うのであれば、他の成分をしっかり見てみる事をおススメします。

 

結局のところボタニカルとオーガニックの違いは、成分に使用される植物の栽培法の違いというだけです。

 

関連ページ

安全な成分
頭皮や髪の毛の為にも毎日使うシャンプーの成分は安心なものを選びたいですよね。そこで頭皮や髪の毛の為にも安心で良い効果のある成分を調べてみました。
ノンシリコン
ノンシリコンシャンプーがとても多くなりましたね。シリコンの入っているシャンプーもたくさん販売されていますが、ノンシリコンが良いという情報と共に目立ってきています。なぜノンシリコンがおススメなのでしょうか。
無添加
無添加育毛シャンプーって聞くと何だか良さそうな気になりますが、一体どんなものなのでしょうか?