MENU

ドラッグストアの安い市販のシャンプーは超危険!そのわけは? -禿き隊-

 

 

シャンプーを選ぶ時は何を基準にしていますか?

 

頭皮や髪の毛の悩みがない人はドラッグストアやスーパーなどで、見た目や値段で決めている事が多いのではないでしょうか。

【目次】

安いシャンプーと高いシャンプーは何が違うのでしょうか?

500円以下のシャンプーは超危険!

 

値段が変わってくる一番の違いは”洗浄成分”の違いになります。とても高いシャンプーに使用されているのは、頭皮や髪の毛に刺激を与え過ぎない優しい成分が使用されています。

 

500円以下の安価なシャンプーには石油系洗浄成分を使用している事が多く、石油系洗浄成分とは洗剤などにも使用されているものと同じになってしまいます。

 

1000円程度のものなら安心か?

 

1000円程度のものなら安心なのか?という感じですが、1000円程度の商品でも注意は必要です。高くなればなるほど安心成分でという傾向にはありますが、中にはとても安心な成分のシャンプーであると言っているにもかかわらず刺激の強い成分も少し含まれていることもあるのです。

 

○○系シャンプーというところだけではなく、成分の内容もチェックしなくてはいけません。

洗浄成分が高くて何が悪いのでしょうか?

 

 

石油系洗浄成分や高級アルコール系洗浄成分など安価なものに含まれる洗浄成分は洗浄力が高い傾向にあります。

 

頭皮の落としすぎは要注意!

 

しっかり洗い落としたいのだからそれでいいんじゃないか?と感じますが、頭皮には保護してくれる皮脂も少しは必要です。保護する役割の皮脂まで落としてしまうような洗浄力のものを使うと、頭皮や髪の毛にもダメージが加わります。

 

頭皮の落としすぎによる乾燥、保護されていない頭皮への外部からの刺激の強さ、乾燥を補う為の皮脂の過剰分泌などなど、様々なトラブルの原因にもなってしまいます。

 

髪や頭皮のトラブルを回避するため

 

頭皮や髪の毛に優しい成分で構成されたシャンプーを使用する事が大切になります。

 

頭皮の為に優しい成分を使用しているシャンプーは、コストも掛かっているため値段もそれなりになってしまいます。その辺りから考えると安いものはコストも安いもので構成されている、頭皮や髪の毛の環境には少し良くないものも使われているという事も分かります。

 

特に500円を切るような商品は洗剤と同じ成分で洗っているんだという事になりますので、本当に大丈夫かと心配になりますよね。高ければ良いという訳では決してないと思いますが、安ければ良いという事はまずありません。頭皮や髪の毛の環境を悪くしないためにも、シャンプーを選ぶ時には成分もチェックしてみてくださいね。

 

関連ページ

ドラッグストアで売ってる?
当サイトでおすすめしている育毛シャンプーがドラッグストアのマツモトキヨシや東急ハンズ、ドンキホーテで売っているか調べました。
amazon・楽天で売ってる?
当サイトでおすすめしている育毛シャンプーがamazonや楽天で売っているか調べました。