MENU

無添加育毛シャンプーって?どうして髪や頭皮にいいの? -禿き隊-

 

 

無添加育毛シャンプーって聞くと何だか良さそうな気になりますが、一体どんなものなのでしょうか?

【目次】

無添加シャンプーとは?

無添加シャンプーは一般的なものに比べると優しい成分のものになります。アレルギーなどを引き起こす可能性のある成分を義務としてきちんと表示するというものが「表示指定成分」としてあります。

 

その中でも1980年に指定されたものが「旧表示指定成分」で、その「旧表示指定成分」が含まれないものが無添加と呼ばれます。

 

これ以外にも界面活性剤でも刺激の強い”石油系”とか、シリコンやアルコールなどが使われていない事も特徴の一つになります。アミノ酸系シャンプーですので頭皮や髪の毛の環境を考えるのならコレ!という感じのものに思えますね。

気をつけよう!無添加の落とし穴とは?

少し気を付けた方が良い部分もあります。

 

旧表示指定成分はあくまでも”旧”だという事です。今では毒性のあるもので表示指定成分として扱われるものも、旧表示指定成分には含まれていないから入っているという事もあり得るのです。

 

あくまでも旧表示指定成分は含まれていないという事だけなので、完全に安心して信用しきってしまうのは少し怖いですね。

無添加シャンプーでも改善されな頭皮の悩みとは?

無添加シャンプーには刺激の強い成分のものは含まれていないので、不要な汚れや皮脂を落とし環境を整えていく効果があります。そのため血行の促進効果なども期待出来ますので、髪の毛にもしっかりと栄養を届ける事に繋がります。

 

髪の毛が栄養をしっかり受け取ることが出来るようになると、抜け毛や薄毛など髪の毛の悩みを解決するのに効果を出してくれます。頭皮の環境によって髪の毛も健やかになるというのは、育毛効果のアップにも期待が持てます。

 

 

 

ただし無添加シャンプーだと改善してくれない悩みというのも存在してしまいます。オイリータイプの中でも乾燥からくるものと、元々の脂性からくるものに分かれます。元々脂性のオイリータイプには無添加シャンプーの洗浄力では弱すぎる場合があるのです。しっかり落とせないというのは良くなくて、それなら一般的なものを使用する方が効果があるという事もあります。自分の髪の毛や頭皮環境に関する悩みによっては向かない事もあるのだと思っておいた方が良いですね。

 

無添加のシャンプーは比較的安心で刺激が少ないというのが特徴になります。育毛効果を上げるためにも頭皮の環境はとても大事です。薄毛や抜け毛などもそうですが、頭皮や髪の毛に悩みのある方、予防を考えている方にはぜひ使ってみて欲しいと思います。

 

関連ページ

安全な成分
頭皮や髪の毛の為にも毎日使うシャンプーの成分は安心なものを選びたいですよね。そこで頭皮や髪の毛の為にも安心で良い効果のある成分を調べてみました。
オーガニックとボタニカルの違い
最近シャンプーの中でも注目を集める”ボタニカルシャンプー”や”オーガニックシャンプー”ですが、どちらも良さそうなイメージですがどういった違いがあるのでしょうか? 徹底的に調べてみました。
ノンシリコン
ノンシリコンシャンプーがとても多くなりましたね。シリコンの入っているシャンプーもたくさん販売されていますが、ノンシリコンが良いという情報と共に目立ってきています。なぜノンシリコンがおススメなのでしょうか。